2013年11月10日

陽炎(かぎろひ) 櫻・京・太夫―榎本敏雄写真集

ハードカバー、全編モノクロの重厚な写真集です。タイトルにあるとおり、テーマは「桜」と「京の街」、そして「嶋原太夫」の三部構成。

桜と京の街の写真は、1980年代から2000年代まで幅広い年代の写真が掲載されていますが、嶋原と太夫に関してはほぼ1980年代前半に集中しています。

メインでモデルになっている太夫は「高砂太夫」。そして今も現役の「花扇太夫」の姿もあります。髪結いや化粧、禿を連れて大門の前に立つ姿や、始業式当日の歌舞練場の風景など、わずか28枚の写真ではありますが、今は歌舞練場もなくなり花街としてはほとんど機能していない嶋原が、わずかにまだその機能を保っていた頃の様子を垣間見ることができます。

紅白幕と、「始業式嶋原お茶屋業組合」の看板が掛かった歌舞練場前に立つ花扇太夫の姿には、その美しさに引き込まれるとともに、何とも言えない感慨を覚えます。

資料的にはカラーで見てみたい気持ちもありますが、モノクロだからこそ感じることのできる空気というものもあるのかなと。「陰翳礼賛」の世界そのままのような作品は、嶋原という独特な場所の不思議な魅力を伝えているような気がします。




陽炎(かぎろひ) 櫻・京・太夫―榎本敏雄写真集※Amazonモバイルサイトへ



タグ:島原

2012年05月03日

京舞妓十二月

日本画家で、時代風俗研究でも知られる吉川観方編著の本です。タイトル通り、京舞妓12ヶ月の装いを一月ずつ写真に収めて紹介しています。

「年齢や四季月々、又特別な物日の間の結髪、頭飾、衣服着装当の変化相異に重点を置いて集めてみた」という序文に違わず、一月ごとの舞妓の写真は年少舞妓と年長舞妓の両方が掲載され、その衣装や髪型の違いがわかるようになっています。

普通の舞妓写真集とは違い、衣装や髪型を見せることが目的の本なので、掲載されている写真も、全身、後ろ姿、バストアップと様々な角度から撮られています。全編モノクロ写真なのが残念ですが、当時の京舞妓の装いを知る上ではとてもよい資料といえるのでないでしょうか。

本書が刊行されたのは昭和31年ですが、序文によると昭和8〜9年ころから撮影したとあるので、掲載されている舞妓さんの写真はほとんどが戦前の物と思われます。今の舞妓さんとは年齢が違いますし、お化粧や着物、髪型やかんざしの雰囲気も随分違います。

一部刊行年の昭和31年の舞妓さんの写真も載っていますが、こちらは比較的今の舞妓さんに近い印象です。

今の舞妓さんの写真集と見比べてみると、いろいろ興味深いと思います。昔の舞妓さんの装いに興味のある方にはぜひとも見ることをお薦めしたい本です。


それにしてもモノクロなのが本当に惜しい‥。フルカラーで見てみたかった。


5_1.jpg

※購入は古書店のみ。図書館にしても、置いている所は少ないかもしれません。
 吉川観方 編
 黒山博史 写真
 京都文化資料研究会 発行
 発行年:1956年

※ 舞妓さんの写真集ではあるのですが、内容から服飾文化の本に分類しました。

posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 服飾文化についての本

2012年04月06日

幕末維新・明治・大正 美人帖

こちらで紹介した「幕末・明治美人帖」の第二弾です。

前作同様、大名家・皇族の女性から一般女性まで、時代を生きた様々な女性の写真が集められています。タイトルに「大正」と加わっているとおり少し時代が下って、掲載写真や取り上げられている女性たちも一新。芸妓に加え「女優」という新しい時代の女性たちも登場しています。前作になかった写真としては、遊廓の写真も印象的です。

時代の変化に伴い写真に対する意識も変わったようで、写っている女性たちの姿や表情も前作とは随分変わっているように感じます。また東西芸妓の美の競演は、本書の「明治・大正のグラビアアイドル」のタイトルそのままに、資料としてだけでなく純粋に「美人の写真」として楽しめるものです。

前作に引き続き、本書も非常に見応えのある内容です。手元に置くなら、ぜひとも前作と合わせた二冊セットで持っていたいですね。



幕末維新・明治・大正 美人帖 愛蔵版※Amazonモバイルサイトへ



posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 服飾文化についての本

2012年04月02日

幕末・明治美人帖

タイトル通り、幕末から明治期に撮影された女性の古写真集です。

大名家や皇族の女性、明治の元勲の妻妾、深窓の令嬢に売れっ子芸妓、日本の風俗習慣をテーマに撮られた外国人向けのお土産写真に写る一般庶民の女性などなど、時代を生きた様々な女性の写真が集められています。

伝統的な日本髪に着物という姿はもちろん、鹿鳴館スタイルをはじめとする洋装、立場や時代によっても変化があり、当時の風俗とその変遷を知る上でも非常におもしろいです。

さてこの本のメイン企画のひとつ、明治に行われた日本初の「深窓令嬢美人コンクール」写真。全国一等になった末弘ヒロ子嬢が学習院を退学処分になったことで知られていますが、他の応募者の写真はあまり紹介されることがありません。ここでは全国一等から十二等をはじめ、北海道から九州まで全国各地区の第一次通過者写真も見ることが出来ます。

写真慣れしていないことや当時の価値観などもあって、ほとんどの方が固い表情で写っているのが残念ですが、それでも現代の価値観で見て十分美しい感じられる方が多数です。人が美しいと感じる顔の基準は、多少時代によって違うと言っても根本的には余り変わらないのではないかと思います。


本書ですが、大判ハードカバーの愛蔵版の他、簡易な文庫版も出ています。内容は同じですが、「写真集」として楽しむならサイズ的にも大判の方がいいかもしれないですね。

本書のシリーズ第二弾はこちら「幕末維新・明治・大正 美人帖



幕末・明治 美人帖 愛蔵版※Amazonモバイルサイトへ





posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 服飾文化についての本

2012年03月28日

墨堤さくらまつり「芸妓茶屋」

東京にも花柳界があり、芸者さんがいます。そんな東京の花柳界の一つ向島の芸者さんに気軽に会えるイベントがこちら。開催時期は毎年3月末から4月の上旬。ちょうど隅田川の桜が見頃を迎える時期に合わせての開催です。

3_2.jpg
満開の桜と隅田川。
今年からはスカイツリーも見られますね。



隅田川、桜橋デッキに、赤前掛けをした芸者さんたちがお運びをしてくれる茶屋が設けられます。

3_7.jpg

3_5.jpg

白塗りに日本髪、華やかな装いの芸者さんや半玉さんたちが行き交う姿はとても華やか。写真撮影にも応じてもらえますし、身近に芸者さんを見られるイベントとしてはかなりおすすめです。

3_3.jpg

半玉さんが運んできてくれました。

3_4.jpg

お茶とお団子のセット500円。
他にもアイスコーヒーや甘酒、吉備団子など、どれも500円です。

3_1.jpg

茶屋周辺のぼんぼりには芸者さんの名前が。ここにも花街の風情を感じます。


茶屋に出る芸者さんは当番制なので、日を変えていけば違った顔ぶれの芸者さんたちに会えるかもしれませんね。

詳しい日程や茶屋の当番は、時期が近づいた頃に向嶋墨堤組合サイトに掲載されます。詳しくはそちらをご覧ください。

 向嶋墨堤組合サイト



タグ:向島
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 芸者さんに会いたい!