2009年12月27日

京都国際ホテル

二条城のすぐ近くにある京都国際ホテルでは、「舞妓はんと京の彩り」というイベントが毎週金曜・土曜に開催されています。ホテル内にある特設舞台で、舞妓さんの舞を鑑賞できるイベントです。

舞は季節の演目を含めた2曲。舞の後は舞妓さんに関する簡単な紹介もあります。

入場無料で、宿泊客以外でも自由に見られるのがポイント。舞の鑑賞前には一緒に記念撮影もできますので、間近に舞妓さんを見ることができるチャンスです。

本物の舞妓さんの見てみたい!と言う人には、とりあえず足を運びやすいイベントではないでしょうか。

※実際に行ってきました
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんに会いたい!

2009年12月17日

遊廓−明治フラッシュバック

明治から昭和の初期にかけて写された遊郭の写真を集めた本です。

東京の吉原と京都の嶋原を中心に、他長崎や横浜など数カ所の遊郭の写真がおさめられています。主にお土産用(?)のポストカードとして販売されていたもののようです。

当然ながら白黒写真なのですが、当時の写真によくある「モノクロ写真に色をつけてカラーになっているもの」が何点もあり、なかなか華やかです。当時の建物の様子、花魁・太夫の衣装や髪型がよく分かります。花魁と太夫の衣装、それぞれの街の禿の衣装などを見比べてもおもしろいと思います。

ただ、どう見ても風俗的に京都の嶋原っぽいものが一部吉原と紹介されていたりもするので、時々混乱します。衣装や髪型の資料として見る場合は、そのまま鵜呑みにしないで、他の資料も併せて調べる必要がありそうです。

いずれにしても、かなりまとまった写真資料が見られる本なので、文章ではわかりにくいイメージを補うことができます。時代劇とは違った、リアルな姿を見ることのできる1冊です。



遊廓 (明治フラッシュバック)※Amazonモバイルサイトへ
タグ:吉原 島原
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 遊廓についての本

2009年12月15日

舞妓の髪型−京・先斗町

石原哲男さんによる舞妓さんの髪型本の、いわば旧バージョンです。先斗町の舞妓さんをモデルに、舞妓さんの髪型を紹介しています。

内容的には舞妓さんの髪型、結髪方法、お化粧や着付けの仕方と、新バージョンと同じような感じですが、残念ながら情報量は新バージョンのほうが格段に多いです。
※この本の内容が薄いわけではなく、新バージョンがあまりにすごすぎる

写真が充実していますので、資料集としてだけでなく写真集としても十分見応えがあります。当時の先斗町の舞妓さんの姿を見たい人はぜひ。

今から十年以上前に出された本でどうも絶版らしいので、一般書店での購入は難しいかと思います。購入なら古書店になりそうですね。閲覧は図書館でできると思いますので、ぜひチェックしてみてください。



舞妓の髪型―京・先斗町※Amazonモバイルサイトへ
タグ:先斗町
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 服飾文化についての本

2009年12月12日

日本髪の世界【舞妓の髪型編】

結髪師、石原哲男さんの本です。先斗町の舞妓さんをモデルに、舞妓さんの髪型を紹介しています。

大判サイズフルカラーの紙面に、髪型の紹介だけにとどまらず結髪の手順まで詳細に書かれ、さらにはDVD付き。「紙面と映像で伝える結髪テクニックの集大成」の言葉通り、結髪の教本のような仕上がりになっています。

結髪以外にも、舞妓さんのお化粧や着付けの手順、12ヶ月の花かんざし、さらには鹿の子止めやぽっちりのコレクションも多数紹介されていて、舞妓さんの装いに関する多くの資料がこの一冊に詰まっています。五花街それぞれの、お座敷風景や行事の写真も掲載されていますし、資料集としても写真集としても存分に楽しめる一冊です。

一般書店では販売されていない本で、値段もお高いですが、花街文化や日本髪に興味のある方にとっては決して損な内容ではないと思います。


※購入は「日本髪資料館」で直接。通販も可のようです。
 サイズ:B4判変形
 本文:168ページ
 価格:\10,000

 詳しくは「日本髪の世界」サイトをぜひ
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 服飾文化についての本

2009年12月10日

舞妓はんになってみませんか―京都宮川町の舞妓姉妹、君香さんと君晴さん

宮川町から実の姉妹で舞妓さんになった、君香さん、君晴さんがモデルの写真集です。

特にメインはお姉さんの君香さん。お店出しからはじまり、花街の年中行事や日常の様子など、簡単な文章を添えながら写真で綴っています。君香さんたちの姿を追いながら、舞妓さんのことをざっくりと知ることができる内容です。

一人の舞妓さんを追った写真集は他にも出ていますが、それらの本に比べると、こちらは特にドキュメンタリータッチではありません。リアルな日常風景よりも、イメージ写真というか、絵はがきやカレンダーのような写真が中心です。

とにかく「美人の舞妓はん」がモデルですし、眺めているだけで楽しいです。お正月の黒紋付きから四季折々の様々な装い、白塗りの舞妓姿だけでなく普段着の着物姿もありますし、いろいろな舞妓さんの姿を見ることができます。「本のお値段に比しての枚数」という点では、かなりお得感がありますね。

「花街の記録写真集」と言うよりは「君香さん写真集」なので、何を求めて舞妓さん写真集を見るかによっては、少々好みの分かれる本かもしれません。お目当ての舞妓さんが他にいる人、いろんな舞妓さんを見たい人、ドキュメンタリー的なものを求めている人には、ちょっと物足りないかもしれません。

もちろん、君香さんファンなら迷わず買うことをおすすめします(^^)(舞妓さんになる前のプライベート写真も掲載されていますよ)



舞妓はんになってみませんか―京都宮川町の舞妓姉妹、君香さんと君晴さん (フォトガイド写真集)※Amazonモバイルサイトへ
続きを読む
タグ:宮川町
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんの写真集