2010年04月07日

実技 日本舞踊の基礎

タイトル通り、日本舞踊の基礎の本です。立ち方、座り方、歩き方といった日本舞踊における動きの基本がすべて、写真つきで詳しく図解されています。

※今回は日本舞踊の本としてではなく、変身体験のお助け本としての紹介です。

本来日本舞踊をやっている方が読むものなのでしょうが、本当に基本的なことから細かく書いてありますし、動きの一つ一つがすべて写真で載っているので、習っていない人にも比較的取っつきやすい本かと思います。

舞妓さんや芸妓さん変身をして写真を撮る場合、室内では必ずといっていいほど踊りのポーズを撮ります。扇子や手ぬぐいなど踊りの道具を持つと、なんとなく「らしさ」が出ますよね。

しかし、やはり素人だとどこかぎこちない感じになってしまい勝ち。踊りをやっている人が見たら、きっとあちこちおかしなことになっているんだろうなあというポーズになってしまうことが少なくありません。(私はもう、いつもそうです(^_^;))

全部をしっかり読んでまねするまでには行かなくても、手の形や姿勢、足の向き、扇子や手ぬぐいの持ち方だけでも参考になるんじゃないかなと思います。とにかく写真が多いので、写真だけパラ見して「あ、このポーズちょっといいかも」と思ったらそこだけ見てまねてみるだけでも、室内撮影のバリエーションを増やす助けになりそうです。

「踊りの経験はないけれど、もうちょっと踊りのポーズをキレイに撮れたらいいなあ」と言う方なら、ちょっと見てみてもいいかもしれない本ですよ。



※大きな本ですし、まずは図書館でぜひ

実技日本舞踊の基礎 (1981年)※Amazonモバイルサイトへ


続きを読む
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | まなぶ、まねぶ