2011年07月09日

芸妓 菊乃のかわいい奈良

舞妓さんと言えば京都ですが、実は奈良にも花街があり、舞妓さんがいます。こちらの本はその奈良で舞妓になり、今は芸妓さんとして活躍中の菊乃さんが案内する奈良ガイドブックです。

「かわいいもん」「おいしいもん」「ありがたいもん」「うつくしいもん」「おとまりどころ」と5つのカテゴリーで、ステキなお店やおいしいお食事処、定番の神社仏閣や自然の風景が美しいスポットなど、奈良の見所を地元の人ならではの目線で紹介しています。

一つのスポットについて、すべて見開き2ページで完結。その場所その場所の菊乃さん自身の楽しみ方や、「好き」が語られていて、短い中にもきちんとその魅力が盛り込まれています。ガイドブックではあまり紹介されていないスポットはもちろん、必ず紹介されているような定番スポットも、ひと味違った魅力が感じられて、とても行ってみたくなりますよ。

各カテゴリーの間には花街についてのコラムもあります。菊乃さんが舞妓になった経緯や芸妓さんとしての活動など。花街のことがメインの本ではないのでボリュームは少ないですが、存在自体あまり知られていない奈良の花街を、少しだけ垣間見ることのできる貴重なテキストです。

おもしろいなあと思ったのは、菊乃さんが舞妓から芸妓になるときのエピソード。「旦那さんが付かない人は白い紋付きで店出し(襟替え)する」という記述。やっぱり花街ごとにいろいろなしきたりがあるんですね〜。白の紋付きがどんな感じなのか見てみたいです。写真が載っていなくて残念(>_<)

写真もたくさん掲載されているので、ビジュアル的なイメージもちゃんと補うことができます。ただ小さい本にたくさん載っているせいか、一枚一枚が小さいのがとても残念。もっと大きいので見たいステキな写真がたくさんあるのですが。もちろん菊乃さんの芸妓姿も載っていますよ。

奈良は一度だけ訪れたことがありますが、ぜひ、この本片手に紹介されているスポットを訪れてみたいです。個人的には「うつくしいもん」で紹介されているスポットがかなり気になっています。もちろん花街元林院も!





芸妓 菊乃のかわいい奈良 (コンペイトウ書房)※Amazonモバイルサイトへ

タグ:奈良元林院
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 京都以外の花街の本

2011年07月04日

上七軒ビアガーデン

京都五花街の一つ上七軒では、毎年7/1〜9/5まで歌舞練場の庭園でビアガーデンが開かれています。レトロな建物と日本庭園、その中をそろいの浴衣を着た舞妓さん、芸妓さんが行き交う様子はタイムスリップしたかのような不思議な雰囲気。客席にはお客さんに連れられた白塗りの芸舞妓さんたちの姿も見ることができ、花街の雰囲気を気軽に体験できる絶好の機会です。

もちろん、ただ芸舞妓さんを見るだけではなくお話もできます。当番の芸舞妓さんたちが各テーブルをまわっているので、席に来てくれたらお話も楽しめますよ。

芸舞妓さんは白塗りではなくナチュラルなお化粧。着物はおそろいの浴衣。(浴衣は舞妓さん、芸妓さんで色違い)白塗りの盛装とはまた違った、カジュアルで親しみやすい雰囲気です。屋外であることも手伝って、お座敷よりも緊張せずに会話を楽しめるのではないでしょうか。

料金は最初のセット¥1,800(中ジョッキ1杯&つきだし)の他、料理は全品\900均一。飲み物はソフトドリンクもあります。食べ物はおつまみや軽食中心なので、予算を抑えたい場合は行く前に軽く夕食をすませてからのほうがいいと思います。

とにかく、一見さんでも気負わず気楽に行けるのがいいですね。ほどほどの予算で、花街の雰囲気や舞妓さん、芸妓さんとの楽しい時間を堪能できるのでおすすめです。飲めない人もあまり気にせず、ぜひとも雰囲気を楽しみに行ってみてください。


 上七軒歌舞会公式サイト



タグ:上七軒
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんに会いたい!