2012年05月03日

京舞妓十二月

日本画家で、時代風俗研究でも知られる吉川観方編著の本です。タイトル通り、京舞妓12ヶ月の装いを一月ずつ写真に収めて紹介しています。

「年齢や四季月々、又特別な物日の間の結髪、頭飾、衣服着装当の変化相異に重点を置いて集めてみた」という序文に違わず、一月ごとの舞妓の写真は年少舞妓と年長舞妓の両方が掲載され、その衣装や髪型の違いがわかるようになっています。

普通の舞妓写真集とは違い、衣装や髪型を見せることが目的の本なので、掲載されている写真も、全身、後ろ姿、バストアップと様々な角度から撮られています。全編モノクロ写真なのが残念ですが、当時の京舞妓の装いを知る上ではとてもよい資料といえるのでないでしょうか。

本書が刊行されたのは昭和31年ですが、序文によると昭和8〜9年ころから撮影したとあるので、掲載されている舞妓さんの写真はほとんどが戦前の物と思われます。今の舞妓さんとは年齢が違いますし、お化粧や着物、髪型やかんざしの雰囲気も随分違います。

一部刊行年の昭和31年の舞妓さんの写真も載っていますが、こちらは比較的今の舞妓さんに近い印象です。

今の舞妓さんの写真集と見比べてみると、いろいろ興味深いと思います。昔の舞妓さんの装いに興味のある方にはぜひとも見ることをお薦めしたい本です。


それにしてもモノクロなのが本当に惜しい‥。フルカラーで見てみたかった。


5_1.jpg

※購入は古書店のみ。図書館にしても、置いている所は少ないかもしれません。
 吉川観方 編
 黒山博史 写真
 京都文化資料研究会 発行
 発行年:1956年

※ 舞妓さんの写真集ではあるのですが、内容から服飾文化の本に分類しました。

posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 服飾文化についての本