2011年02月19日

京おどり

京都五花街の一つ宮川町で、毎年四月の上旬から中旬にかけて行われる踊りの舞台です。

2_1.jpg
歌舞練場入り口

場所:宮川町歌舞練場
入場券茶券付:4,500円/入場券のみ:4,000円
二階自由席茶券付:2,500円/二階自由席:2,000円
お茶券:500円
プログラム:500円

プログラムには演目解説の他、出演者の顔写真と名前が一覧で出ています。これを見れば現役の芸舞妓さんの名前と顔が一目瞭然です。合間合間の広告ページにも舞妓さんが出ているので、ちょっとした写真集のようにも楽しめますよ。お土産コーナーには他にも舞妓さん絵はがきやクリアファイルといった、他では売っていないようなグッズも売っていて、なかなかおもしろいです。

舞台もステキですが、余裕があればお茶席もおすすめです。舞台の前に、抹茶とお菓子をいただけます。お菓子が載っていたお皿は持ち帰れるので、舞台鑑賞のお土産に。

お茶席では舞妓さんが2人一組で当番に当たっています。舞妓さんの点てたお茶はなかなかいただけませんが、お茶を点てる姿は見られますよ。

2_2.jpg
現在はお茶席の写真撮影は不可になっています。舞台の撮影も同様に不可です。
写真はまだ撮影OKだった頃に撮ったものです。


チケットは、手数料がかかりますが大手旅行会社での購入が一番簡単かと思います。(ちなみに手数料は旅行会社によっても違います。)最寄りの営業所で問い合わせてみてください。ただスタッフの認知度がイマイチらしく、なかなか伝わらないことも多いです(^_^;) (これじゃないんですか?と「都をどり」や「鴨川をどり」の案内を出されることもしばしば(汗)。) 相手がわからなかったら根気よく説明しましょう。

近年は人気でチケットの購入もなかなか大変なようです。いい日はすぐに売れてしまうみたいなので、どうぞお早めに。(席を選ばなければ当日現地で購入できる場合もあります。)

 宮川町お茶屋組合の公式サイト


タグ:宮川町
【舞妓さんに会いたい!の最新記事】
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんに会いたい!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43473098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック