2011年02月26日

都をどり

京都五花街の一つ祇園甲部で行われる、春の踊りの舞台です。会期は4/1〜4/30の1ヶ月間、公演数も1日4回と五花街の中でもダントツの多さです。

2_7.jpg

場所:祇園甲部歌舞練場
茶券付特等観覧券:4,500円/壱等観覧券:4,000円
弐等観覧券:2,000円
パンフレット:600円

舞台は「総をどり」と呼ばれる、そろいの衣装の芸舞妓さんが一糸乱れず披露する群舞と、合間合間に入る舞踊で構成されています。出演者総出の華やかなエンディングも見ものです。

2_8.jpg
総をどりの衣装は一見同じように見えますが、毎年デザインが変わり、入り口にはその年の衣装が展示されています。

舞台はもちろんですが、歌舞練場の建物やお庭もステキです。お庭で記念写真を撮っている人も多数見受けられます。また、芸舞妓さんの書画などの作品も展示されていて、さながら文化祭の展示スペースのようです。芸舞妓さんの、また違った一面を知ることのできる場とも言えますね。

2_10.jpg
二階からお庭を眺めます

2_9.jpg
書画の展示

とにかく、舞台以外にも見て楽しめるところは多いです。観覧の際は、できれば時間に余裕を持って、そう言ったところもゆっくり楽しんでみてはいかがでしょう。

2_12.jpg
歴代の都をどりの衣装も展示されています。

茶券付きの席を買えば、お茶席も楽しめます。こちらは芸妓さんと舞妓さん2人一組。芸妓さんの点てたお茶を舞妓さんが運びます。(実際には芸妓さんの点てたお茶を飲めるのはご贔屓のお客さんだけで、普通はお運びさんによって一斉に配られるお茶をいただきます。)

他の花街に比べてお茶席の会場が広いので、席によっては「すぐ目の前!」という風にはならなかったり、混んでいる日だと多くのお客さんを捌くので入れ替えが慌ただしかったりと、あまりゆっくり楽しめる感じではないかもしれませんが、それでも黒紋付きの芸妓さんに、華やかな衣装の舞妓さんの姿は目の保養です。

2_11.jpg


チケットは歌舞会に直接問い合わせる他、手数料がかかりますが大手旅行会社でも購入が可能です。また、京都市内の旅館や料理屋さんなどでも、宿泊や食事と観覧券がセットになったプランを設けていることもあります。

近年は人気で、日によってはすぐにチケットが売り切れてしまうようなので、早め早めに予約をするのが良さそうです。ただ、仮に一カ所で売り切れと言われても、他では購入できることもあるので、あきらめずに何カ所か当たってみるのも手です。また、二等席なら当日現地で購入できる場合もあります。


 都をどり公式サイト


※実際に行ってきました(管理人の別ブログに飛びます)
 
 ●都をどり@2011年



タグ:祇園甲部
【舞妓さんに会いたい!の最新記事】
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんに会いたい!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43597555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック