2011年05月04日

花かざりの心「舞妓物語」−振り袖に似合う髪飾り−

京都の風情ある風景をバックに、舞妓さんをモデルにして撮影された和装ヘアアクセサリーのカタログ本です。

紹介されている髪飾りは、伝統的なつまみ細工をあしらったものから、リボンや組紐を用いたもの、オーガンジーを用いた現代的な雰囲気のものなど、振袖に似合うように作られた様々なタイプのものが多数。舞妓さんが普段に付ける「花かんざし」とは違うので、一般の人が普通に和装で使えるようなデザインです。

モデルは宮川町の舞妓さん(当時)、ふく彩さん、ふく唯さん、とし彩さんの3人。白塗りではなく普通の肌色メイクに、髪も日本髪ではなくモダンなアップスタイル。着物もだらりの帯の舞妓衣装ではなく一般的な振袖をまとっています。

モデルの舞妓さんたちを紹介するページとして舞妓姿の写真もありますが、数ページなので「舞妓さん」の写真集と言えるほどではありません。(そもそもの目的がそこではない本なので。)なので「舞妓さん」の写真をたくさんみたい人にはおすすめではありません。ただ、「舞妓さん」のこういう姿はなかなか見られないので、そう言う意味ではとてもおもしろい、めずらしい本だなと思います。

白塗りではない着物姿は舞妓姿とはまた違う、若い女の子の着物姿という感じでかわいらしいです。髪型は現代的なアップスタイルながら、決して奇抜ではなく上品にまとまっていて、全体にとても品のよい振袖姿になっています。モデルの舞妓さんたちが着物に慣れていて、表情の作り方やポージングなど、その姿が板に付いているところも大きいのでしょうね。

しっとりと美しい京都の街。(エリア的には東山周辺でしょうか。ねねの道や石塀小路、長楽館など)若いながら着物に慣れ親しんでいるモデルさんによる振袖姿。「舞妓さん」写真集としてみるとどうしても物足りない内容ではありますが、振袖姿やそれに似合う髪型、髪飾りを見たい人にとってはそれだけで楽しめる本です。もちろん、モデルの舞妓さん自身のファンなら「買い」な内容ですよね。








花かざりの心「舞妓物語」 振り袖に似合う髪飾り




タグ:宮川町
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんの写真集
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44689157
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック