2009年11月02日

京舞妓百景―ジョン・フォスター写真集

外国人カメラマンによる芸舞妓さん写真集です。

見ていてとにかく「似たようなアングルの写真が多い」という印象を受けます。特に目立つのは、うつむき加減の顔のアップと後ろ姿。とりわけ舞妓さんの後ろ姿が、これほどクローズアップされた写真集というのも珍しい気がします。さながら「舞妓さんの帯コレクション」という感じ。闇夜に浮かぶ様々な色や柄のだらりの帯、着物とのコントラストが、カメラマンにはとても興味深く、また美しく見えたのでしょう。

正直、人によっては退屈と感じるかもしれません。とりあえず、舞妓変身のポージングにはまったく参考になりません(^_^;) ただ、純粋に芸舞妓さんの写真としては美しいですし、衣装の資料集として見ても個人的にはポイントの高い本です。アップが多い分、着物の柄や質感、襟元の刺繍やかんざし、お化粧の仕方などがわかりやすいです。舞妓さんの装いについてわかっている方なら、季節やキャリアによって異なる舞妓さんの装いを確認しながら見てもおもしろいと思います。



京舞妓百景―ジョン・フォスター写真集※Amazonモバイルサイトへ
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんの写真集

2009年09月27日

京都花街―祇園甲部・宮川町・上七軒・先斗町・祇園東

「京都 祇園」「京都 先斗町」と同サイズの本で、京都の六花街すべて紹介されています。(嶋原はわずかですが‥)もちろんページ数もボリュームアップ。

写真は、一年の行事を追いながら掲載されていますので、写真を楽しみながら花街の一年を知ることができます。

掲載写真は一部昔のものも含んでいますが、ほぼこれまでの写真集より新しい時期に撮られた写真です。

注目は、在籍中の舞妓さんの顔写真が各街ごとに一覧で掲載されているところでしょうか。をどりのパンフレット以外でこういう写真が紹介されることは少ないですし。(昔の写真集ではたまに見ます)

初版と重版とでは、一覧に掲載されている舞妓さんも新しくなっているようですね。私が持っているのは初版ですが、このときに一番下だった舞妓さんもすでに芸妓さんになっています。



京都花街―祇園甲部・宮川町・上七軒・先斗町・祇園東 (Suiko books (114))※Amazonモバイルサイトへ
posted by ぷにすけ | TrackBack(1) | 舞妓さんの写真集

京都 先斗町

別で紹介した「京都 祇園」と、同じシリーズの先斗町版です。

芸舞妓さんの姿だけではなく、先斗町の町並み、人々の生活の風景を撮った写真も多く紹介されていますので、先斗町がどんな街なのかがイメージしやすくなっています。ただその点が、舞妓さんの写真だけをひたすら見たいという人には、祇園版に比べるとちょっと物足りなく感じるかもしれません。

芸舞妓さんの姿も日々の生活の自然な姿を撮ったものが多く、上記の「祇園」に比べると、より「花街の記録写真」という性格が強い本という気がします。



京都 先斗町 (SUIKO BOOKS)※Amazonモバイルサイトへ
タグ:先斗町
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんの写真集

京都 祇園

四季の祇園の風景、芸舞妓さんの姿を、花街の行事に沿って紹介しています。

おみやげ用に売られている舞妓さんハガキでもおなじみな写真もちらほら。どこかの変身店にあったような?という着物を着た舞妓さんの姿も見られます。(このお着物だったんだ!とちょっと感動しますね)

手頃なサイズとお値段、本全体の作りも美しく、手元に置きやすい本かなと思います。祇園町の一年の流れ、四季折々の舞妓さんたちの姿が気軽に楽しめる1冊です。



京都 祇園 (SUIKO BOOKS)※Amazonモバイルサイトへ
タグ:祇園甲部
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんの写真集

2009年09月13日

京舞妓歳時記

島原を含めた六花街の四季折々風景、行事の様子がたくさんの写真でつづられています。

A5版と手頃な大きさで本の作りも美しく、何より六花街すべて網羅した豊富な写真は見ていて飽きません。特に島原の写真は、今はなき歌舞練場での餅つきの風景をはじめ、様々な行事の写真が多数掲載されていてなかなか貴重です。お歯黒を塗った太夫さん五人が勢揃いした見開き写真は圧巻!

10年以上前に出された本ですので、登場している舞妓さんたちも、今では中堅どころの芸妓さんになっています。最近の写真集と見比べても、またおもしろいかもしれません。



京舞妓歳時記―溝縁ひろし写真集※Amazonモバイルサイトへ
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんの写真集