2011年07月09日

芸妓 菊乃のかわいい奈良

舞妓さんと言えば京都ですが、実は奈良にも花街があり、舞妓さんがいます。こちらの本はその奈良で舞妓になり、今は芸妓さんとして活躍中の菊乃さんが案内する奈良ガイドブックです。

「かわいいもん」「おいしいもん」「ありがたいもん」「うつくしいもん」「おとまりどころ」と5つのカテゴリーで、ステキなお店やおいしいお食事処、定番の神社仏閣や自然の風景が美しいスポットなど、奈良の見所を地元の人ならではの目線で紹介しています。

一つのスポットについて、すべて見開き2ページで完結。その場所その場所の菊乃さん自身の楽しみ方や、「好き」が語られていて、短い中にもきちんとその魅力が盛り込まれています。ガイドブックではあまり紹介されていないスポットはもちろん、必ず紹介されているような定番スポットも、ひと味違った魅力が感じられて、とても行ってみたくなりますよ。

各カテゴリーの間には花街についてのコラムもあります。菊乃さんが舞妓になった経緯や芸妓さんとしての活動など。花街のことがメインの本ではないのでボリュームは少ないですが、存在自体あまり知られていない奈良の花街を、少しだけ垣間見ることのできる貴重なテキストです。

おもしろいなあと思ったのは、菊乃さんが舞妓から芸妓になるときのエピソード。「旦那さんが付かない人は白い紋付きで店出し(襟替え)する」という記述。やっぱり花街ごとにいろいろなしきたりがあるんですね〜。白の紋付きがどんな感じなのか見てみたいです。写真が載っていなくて残念(>_<)

写真もたくさん掲載されているので、ビジュアル的なイメージもちゃんと補うことができます。ただ小さい本にたくさん載っているせいか、一枚一枚が小さいのがとても残念。もっと大きいので見たいステキな写真がたくさんあるのですが。もちろん菊乃さんの芸妓姿も載っていますよ。

奈良は一度だけ訪れたことがありますが、ぜひ、この本片手に紹介されているスポットを訪れてみたいです。個人的には「うつくしいもん」で紹介されているスポットがかなり気になっています。もちろん花街元林院も!





芸妓 菊乃のかわいい奈良 (コンペイトウ書房)※Amazonモバイルサイトへ

タグ:奈良元林院
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 京都以外の花街の本

2011年07月04日

上七軒ビアガーデン

京都五花街の一つ上七軒では、毎年7/1〜9/5まで歌舞練場の庭園でビアガーデンが開かれています。レトロな建物と日本庭園、その中をそろいの浴衣を着た舞妓さん、芸妓さんが行き交う様子はタイムスリップしたかのような不思議な雰囲気。客席にはお客さんに連れられた白塗りの芸舞妓さんたちの姿も見ることができ、花街の雰囲気を気軽に体験できる絶好の機会です。

もちろん、ただ芸舞妓さんを見るだけではなくお話もできます。当番の芸舞妓さんたちが各テーブルをまわっているので、席に来てくれたらお話も楽しめますよ。

芸舞妓さんは白塗りではなくナチュラルなお化粧。着物はおそろいの浴衣。(浴衣は舞妓さん、芸妓さんで色違い)白塗りの盛装とはまた違った、カジュアルで親しみやすい雰囲気です。屋外であることも手伝って、お座敷よりも緊張せずに会話を楽しめるのではないでしょうか。

料金は最初のセット¥1,800(中ジョッキ1杯&つきだし)の他、料理は全品\900均一。飲み物はソフトドリンクもあります。食べ物はおつまみや軽食中心なので、予算を抑えたい場合は行く前に軽く夕食をすませてからのほうがいいと思います。

とにかく、一見さんでも気負わず気楽に行けるのがいいですね。ほどほどの予算で、花街の雰囲気や舞妓さん、芸妓さんとの楽しい時間を堪能できるのでおすすめです。飲めない人もあまり気にせず、ぜひとも雰囲気を楽しみに行ってみてください。


 上七軒歌舞会公式サイト



タグ:上七軒
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんに会いたい!

2011年06月05日

置屋物語 -花街を彩った人々-

こちらの本の舞台は福島県飯坂温泉。叔母の営む置屋に養子に入った筆者が、そこに籍を置いていた芸者さんたちを中心に、当時の花街や芸者さんたちの生活、生き方などを描いた本です。

時代は昭和初期から30年代くらいにかけての、芸者さんが一番華やかだった時代。地方の温泉地とはいえ、東京をはじめ様々な場所からお客さんが訪れては、芸者をあげて遊んでいたことがわかります。

さて登場する芸者さんたちですが、年齢も性格も芸者になった経緯も実に様々。そんな彼女たちの置屋での生活ぶり、お座敷でのこと、旦那との関係など、これまたそれぞれの個性豊かに描かれています。

芸者になりたくてなった人、売られてきた人、しっかり者で芸にも熱心な人、とにかくだらしない人。旦那と一生添い遂げる人もいれば、芸者の方から別れてしまう人、正妻になっても「奥さん」がつとまらなくて結局芸者に戻ってしまう人。芸者さんがいればその数だけ異なる生き方、エピソードがあるんだなあと改めて思いますが、当時の花街、芸者さんのことがかいま見えるとてもおもしろい内容です。写真も多数掲載されていますので、視覚的にも当時の芸者さんの姿を知ることができます。

本書の筆者ですが、養子とはいえ置屋の跡取りとして入ったわけではなく、また男性ということもあって、芸者や女将といった「当事者」とはまた違った視点からこの世界が見えていたのだと思います。かといってまったく外部の人間でもないから、中のこともある程度は見えているわけで。きれいなことも、そうでないことも。芸者たちの表の顔と裏の顔とのギャップや、女所帯のがさつさや(笑)。

だから変に入れ込みすぎたり、幻想をふくらませたりすることもなく、「当事者」ではないから必要以上に繕うこともなく、でも「身内」に対する親しみと情にあふれる文章は決して嫌みがなく。

筆者の置かれた特殊なポジションが生んだ距離感が、他の花街関連本とは異なる独特な雰囲気を生んでいるのだと思います。とにかく読みやすく、内容も興味深いものです。また一つ、別な視点から花街を見ることのできる本と言えるのではないでしょうか。




置屋物語―花街を彩った人々※Amazonモバイルサイトへ

続きを読む
タグ:飯坂温泉
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 京都以外の花街の本

2011年05月11日

花街のをどり

確実に舞妓さんを観ることができるイベントの一つが、各花街の「をどり」です。普段なかなか見ることのできない、たくさんの芸舞妓さんたちの舞う姿を気軽に楽しむことができます。
内容もエンターテイメント性が高いので、古典芸能になじみのない人でも見やすいのではないでしょうか。

花街によって、舞台の内容や雰囲気も異なるので、違う「をどり」にいくつか訪れてみるのもおもしろいです。それぞれ微妙に会期が異なっているので遠方だと大変ですが、春のをどりの時期なら上手く日程を合わせると2カ所は行けますよ。

 上七軒  北野をどり →管理人のブログ記事
 祇園甲部 都をどり  →管理人のブログ記事
 宮川町  京おどり  →管理人のブログ記事
 先斗町  鴨川をどり →管理人のブログ記事
 祇園東  祇園をどり

 ※会期の早い順に並んでいます

いずれの「をどり」でも芸舞妓さんによるお茶席が併設されています。舞台よりも近くで芸舞妓さんを見ることができますので、こちらもおすすめです。お茶券付きの観覧席を購入すれば入場できます。

2_23.jpg
都をどり

黒紋付きの正装でお茶を点てる芸妓さん。芸妓さんがお茶を点て、舞妓さんが運ぶという組み合わせが多いですが、街ごと、またその年ごとによっても違うようです。
※お茶席の撮影が不可の花街もあります。また舞台の撮影はいずれの花街も不可です。

なお、お茶は全員が芸妓さんの点てたお茶をいただけるわけではありません。芸妓さんの点てたお茶はご贔屓のお客さんなど客席の一部に運ばれるだけで、その他一般のお客さんには裏で点てられたお茶をお運びのお姉さん方が一斉に配ります。

2_22.jpg
都をどり

お茶と一緒にいただくおまんじゅう。各街ごとにお店が異なります。おまんじゅうの載ったお皿は持ち帰れるのでお土産に。お皿も街ごとに違い、また同じ街でも色違いがあったりするので集めるのが楽しいです。
5_2.jpg
上二つは都をどりのお皿の色違いです。

売店には、他各街ごとにいろいろと趣向を凝らしたお土産が売られています。そんな中、どの街でも共通に売られていて押さえておきたいのはパンフレットですね。
5_1.jpg

当日の演目が写真付きで紹介されていますし、出演する芸舞妓さんの名前と顔が一覧になっているので、これを見れば出演する芸舞妓さんが一目瞭然です。
5_3.jpg

5_4.jpg

合間合間に入っている企業広告にも芸舞妓さんたちが出ていたりして、ちょっとした写真集のようにも楽しめます。舞台の前に見ておけば、舞台内容の予習にもなるのでより舞台がわかりやすくなりますよ。

舞台そのものはもちろん、会場である歌舞練場、また街の雰囲気もそれぞれ花街ごとに異なります。舞台の前後には街をぶらりとするのもおもしろいです。時間帯によっては、楽屋に向かう芸舞妓さんの姿を見かけることもあります。そんなところは「をどり」の時期ならではの風景ですね。

客席やロビーでは、お客さんを案内するお茶屋の女将さんとおぼしき人の姿や、時にはお客さんに連れられた他の花街の芸舞妓さんを見かけることもあります。街全体、至る所で普段触れることのない花街の空気に触れられる絶好の機会とも言えますね。花街に興味のある方はぜひ一度足を運んでみてください。本当におすすめです。

5_5.jpg
祇園甲部歌舞練場にて。
他の街の舞妓さんたちが観に来ていました。



posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんに会いたい!

2011年05月04日

花かざりの心「舞妓物語」−振り袖に似合う髪飾り−

京都の風情ある風景をバックに、舞妓さんをモデルにして撮影された和装ヘアアクセサリーのカタログ本です。

紹介されている髪飾りは、伝統的なつまみ細工をあしらったものから、リボンや組紐を用いたもの、オーガンジーを用いた現代的な雰囲気のものなど、振袖に似合うように作られた様々なタイプのものが多数。舞妓さんが普段に付ける「花かんざし」とは違うので、一般の人が普通に和装で使えるようなデザインです。

モデルは宮川町の舞妓さん(当時)、ふく彩さん、ふく唯さん、とし彩さんの3人。白塗りではなく普通の肌色メイクに、髪も日本髪ではなくモダンなアップスタイル。着物もだらりの帯の舞妓衣装ではなく一般的な振袖をまとっています。

モデルの舞妓さんたちを紹介するページとして舞妓姿の写真もありますが、数ページなので「舞妓さん」の写真集と言えるほどではありません。(そもそもの目的がそこではない本なので。)なので「舞妓さん」の写真をたくさんみたい人にはおすすめではありません。ただ、「舞妓さん」のこういう姿はなかなか見られないので、そう言う意味ではとてもおもしろい、めずらしい本だなと思います。

白塗りではない着物姿は舞妓姿とはまた違う、若い女の子の着物姿という感じでかわいらしいです。髪型は現代的なアップスタイルながら、決して奇抜ではなく上品にまとまっていて、全体にとても品のよい振袖姿になっています。モデルの舞妓さんたちが着物に慣れていて、表情の作り方やポージングなど、その姿が板に付いているところも大きいのでしょうね。

しっとりと美しい京都の街。(エリア的には東山周辺でしょうか。ねねの道や石塀小路、長楽館など)若いながら着物に慣れ親しんでいるモデルさんによる振袖姿。「舞妓さん」写真集としてみるとどうしても物足りない内容ではありますが、振袖姿やそれに似合う髪型、髪飾りを見たい人にとってはそれだけで楽しめる本です。もちろん、モデルの舞妓さん自身のファンなら「買い」な内容ですよね。








花かざりの心「舞妓物語」 振り袖に似合う髪飾り




タグ:宮川町
posted by ぷにすけ | TrackBack(0) | 舞妓さんの写真集